まーぶろぐ

すきなこと記録用

Entries

吉村栄一さんのボウイ・ナイト⚡️

ゴールデンウィークのお出かけ♪(o・ω・)ノ))

5/6 千代田線の千駄木駅近く、団子坂の坂下にあるBar Issheeというお店で行われた、
「An Evening with David Bowie Vol.1」吉村栄一」に行ってきました。
吉村さんが執筆された『評伝デヴィッド・ボウイ』のプロモーション的なトークイベント。

この本+ワンドリンクで¥3,000


吉村さんは小学生の時、1978年にNHKのヤングミュージックショーで放映されたボウイのライブ映像を見てファンになったとか。
年齢は若干違えど、ボウイとの出会いの時期はほぼ同じ。
わたしはこれを観る1年前ぐらいにボウイを知りました。
わたしは中学生でしたw
今思えば、あまりにも幼すぎたのです。
それにしても、この頃のNHKはホント、えらい(^∇^)ノ
この「ヤングミュージックショー」でチープ・トリックも知ったし、
当時、唯一、動く外タレを観ることができる番組だったのよねぇ。
てか、大胆にも字幕が顔の上に被っちゃってますがw(゚o゚)w


鋤田さんが撮ったこの写真が↓このライブ↑の時。
この衣装、大好きだったのですごく良く覚えてる😍
ジュリーがすぐに真似してたもん。
IMG_8426.jpg

このころのジュリー、メチャメチャ、ボウイの影響受けてたよね。





もしかしたら、というか、多分、
吉村さんは熱いボウイ愛が高じてライターになったのでしょうかね。
イベントの内容はそんなボウイの生い立ちから2016年亡くなるまでを、
執筆された本で紹介された内容の時系列に沿って駆け足で追うものでした。

ちょうど、ミュージカル「ラザルス」のロンドン公演が行われていたころにロンドンへ行かれたようで
その際にボウイ所縁の地を巡ったロンドン旅のお写真を公開してくれまして、
かなりオフレコなお話もあり、見たことのない映像ありの興味深い内容でありました。

ロンドンでの写真の中で、ベッケンハムにあるエドワード王朝時代の豪邸をアパートメントに作りかえた「ハドン・ホール」の跡地が出てきてちょっと感動v(o゚∀゚o)v。。。というか、今はもうないのかぁ、、、(´д⊂)
「ハドンホール」はボウイがアンジーを始めミック・ロンソン、衣装デザイナーのフレディ・バレッティなどと一緒に住んでいたアパート。
ボウイはココで「ハンキードリー」や「ジギースターダスト」を書いたと言われていてます。
※アンジーのインタビュー記事にハドンホールでの生活について書いてある。

アンジーは、このころのボウイについて「心から、指先から音楽が溢れ出ていた」と表現している。
ハープトーンの12弦ギターをかき鳴らしたり、ピアノに向かったり、
キッチンでライスプディングを漁ったりしながら曲を作っていた、、、と(*´∀`人 ♪
ハドンホール、いつか見てみたかったなぁ。。。

さて、
吉村さんのお話を聞いていて、すっかり記憶から消え去っていたことを思い出すという場面があり、
疑問が解決したことがいくつかありました。

まず、サンディ&ザ・サンセッツのLPレコードがなぜ2枚も家にあったのかという疑問。
処分する時に、「なぜ買ったんだろう?」と不思議に思っていたのだけれども、
このイベントで謎が解決。
ボウイは、サンディ&サンセッツが相当お気に入りだった模様で
サンディ&ザ・サンセッツの海外進出に色々アドバイスしたらしい。
一緒にレコーディングの予定もあったのだがお互いに忙しくて実現しなかったとか。
多分、その辺のエピソードを当時「宝島」か何かで読んでLPを買ったんだろうなと。
今思えばあの頃の日本の音楽業界の系譜として、
YMO〜清志郎〜サンディ&サンセッツあたりは繋がっていたから。。。

そして、ボウイは坂本龍一ではなく、むしろ細野晴臣の大ファンだったとかw
もともとビル・ワイマンが細野晴臣の大ファンで、勧められたこのアルバムが大のお気に入りで
細野晴臣に「これは絶対に誰かにパクられますぞ!」と連絡したとかwΣ(゚Θ゚)
youtubeで聴いてみたけど、中国&沖縄&ハワイアン&ニューオーリンズ?的な不思議な融合ミュージックw(゚o゚)w
なぜ、ボウイが気に入ったのかは不明ながら、
やっぱり新しいスタイルを見出すアーティストが好みだったというのは最後まで同じだったのだなと。
ちなみに、この作品は細野晴臣のトロピカル三部作の一枚らしい((^∀^*))
ダサ系ノスタルジーを感じさせるジャケットのデザインは秀逸です。
誰がデザインしたんだろうかv(o゚∀゚o)v




それで、ふと思ったのだけれども、、、
もしかしたらアルバム「Lodger」は多少その辺の影響受けているのかも、、、o(≧ω≦)o
だって、このアルバム、ちょっと変わってるもんね。
ベルリン三部作って言っても、ちょっとゆるくて旅しているような空気感があるし。


そして、このイベントでのサプライズは☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

まずお店に入って、後ろを振り向いたらあのヤッコさんが!!(((o(*゚▽゚*)o)))

こういう時に物怖じしないわたしはw、休憩時間に早速ヤッコさんに話しかけに行って

「お目にかかれて嬉しいです!!!」とか何んとか言っちゃってw

ハグしてもらい、ツーショット写真まで撮らせてもらっちゃいましたwo(≧ω≦)o

しかも、1枚はヤッコさんのトレードマークとも言えるサングラスをお借りしてw

そして、ずっと知りたいと思っていた事、、、

あの「HEROES」のジャケ写を撮影したスタジオがあった場所はどの辺なのかということを

直接ヤッコさんに聞いちゃったよ〜〜〜(o‘∀‘o)*:◦♪
heroesda.jpg


ヤッコさんに非常にビミョーな地図を描いてもらったのだけれどもw

1996年ボウイがティンマシーンで来日した時に、
そのスタジオの隣にあった「モミノキハウス」というレストランに連れて行ったというお話を聞いたので
大まかな場所は判明+゚。*(*´∀`*)*。゚+

レストランはまだ健在(というか1976年創業のマクロビレストランの老舗)だったので
スタジオ跡地(原宿スタジオというスタジオだったらしい)を散策がてらレストランにも行ってみたい。

ちなみに、ティンマシーンのメンバーはボウイ以外がベジタリアンだったということでこのお店に連れて行ったとのこと。
そして、この時、タクシーでお店に着き、車から降りて来たボウイに
「デヴィッド!ここよ!ほら、このスタジオでヒーローズを撮ったのよ!」と、
スタジオの入り口を指差したところ、ボウイは、「ふーん」とあまり興味なさそうだったとのことw
お調べしてたらヤッコさんの古〜いブログ発見。ココにその時のエピソードが書いてあった。
※古いブログのせいか読み込みが遅い。

そして、ヤッコさんがこの日、このイベントに来た理由は、、、
1983年ボウイがレッツダンスを大ブレイクさせ、シリアス・ムーンライト・ツアーを成功させた後、
急遽、シンガポール、香港、バンコクを回るバングル・イン・ザ・ジャングル・ツアー(内容はシリアス・ムーンライト・ツアーとほぼ同じ)を行うことになり、ヤッコさんは取り急ぎボウイの衣装を準備したとのこと。

ヤッコさんが選んだメンズメルローズのネクタイをつけてジョン・レノンのイマジンを歌うボウイ⚡️
この動画、有名なのに今までそんな事があったとはつゆ知らず。
吉村さんがこの動画を流しながらこの時のツアーエピソードを話すということで、
ヤッコさんは急遽、他のお誘いを断ってこの会場に来たとのことですo(^▽^)o


そして、ヤッコさんは、
この時ボウイがつけていたネクタイと色違いで
ボウイ展にも展示されたというものを持参し、
会場のみんなに回してくれたんですよぉ〜((∩^Д^∩))
IMG_3194.jpg

そして、ヤッコさん直々にネクタイを締めてもらう吉村さん(ノ∇≦*)
IMG_7271.jpg

終了後、会場全員で撮影タイム( ^o^)<ンンンンンンンンンンンンンンンww
IMG_5630.jpg

ヤッコさん、とっても気さくな方でした。

何か、人にたくさんの元気を与えてくれるような、

明るいエネルギーのオーラ満載の人でした。

あぁ、こういう人だから、ボウイは信頼していたんだなぁ。

「ジギースターダスト」で勝負をかけ、アメリカ進出に挑んだ若干26歳のボウイ。
初めてニューヨークでライブをする時の楽屋で、メイクの金粉が目に入り、
「あぁ、何も見えないよ!ステージに立てない!もう歌えないよ!」と
緊張で張り詰めた気持ちが一気に爆発して泣き出してしまったボウイを
ヤッコさんが優しく抱きしめて落ち着くまでなだめたというエピソードが納得できるあたたかさを感じました。


ということで、イベント終了。
続編も計画しているとのことです。
おそらく、このお店のオーナーもかなりもボウイファンと思われまして、、、w
ボウイがクラウス・ノミ&ジョージ・アリアスと共演した
サタデーナイトライブのアメリカ版ビデオをお持ちでしたw(゚o゚)w
「(次回は)これを全部流してもいいんだけどね」とエサをまかれましたよw
あのライブ動画のフルバージョンがyoutubeに無いのはテレビ局の著作権がらみの問題だということが判明。

うーん、観たいな。
TVC15のバージョンもあるんだよねー、あれ。。。

こじんまりしたお店で、定員20名というアットホームな雰囲気の中、
18:00〜20:00の予定だったところ、
1時間以上の延長でゆるゆると楽しいボウイ・ナイトでした⚡️

なかなか楽しかったです☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆


関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

まー

Author:まー
アロマな生活で毎日アロハ!をモットーに香りとともに生きております香り&ハワイ・オタクです。愛や慈しみ、平和などを表す奥深い言葉“アロハ”というキーワードをいつも胸に、いかに毎日を楽しく過ごすかを模索しております。ハワイと海外ドラマ、野球観戦、70年、80年代のロック愛聴者。

最近の記事

FC2カウンター

E Komo Mai !

ようこそ~

FC2ブログランキング

ランキングに参加してみました。

FC2Blog Ranking

MAHALO!

月別アーカイブ

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: